治療を受けて改善する|美容と健康を守る酸素カプセルが大人気|内側から変わる

美容と健康を守る酸素カプセルが大人気|内側から変わる

ウーマン

治療を受けて改善する

ウーマン

靴や歩き方が原因

外反母趾とは、足の親指が人差し指や中指の方向に曲がり、その分親指の付け根の骨が出っ張ってしまった状態のことです。外反母趾は、つま先の細い靴やサイズの合わない靴を履き続けることや、歩き方が悪いために足の指の筋肉が衰えてしまうことが原因とされています。逆に言えば、靴の形やサイズ、そして歩き方に気をつけていれば、外反母趾は予防できるということです。また、整形外科などで適切な治療を受けることで、外反母趾は改善していくことも可能となっています。治療は主にテーピングによっておこなわれますが、重症の場合には、骨を切ったり繋いだりする手術がおこなわれることもあります。また、個々の足の形に合わせて作られたオーダーメイド靴を使った治療もおこなわれています。

外反母趾になる人の増加

日本人はかつては、ある程度幅があって平らな草履や下駄などを利用していましたし、もともとそれが合うような足の形をしています。しかし欧米文化が入ってくるにつれて、つま先の細い靴を履く人が増えてきました。そして現在では、若い女性を中心に多くの人が、そういった靴をファッションのために履くようになっています。日本人のもともとの足の形とは異なる形の靴なので、それにより外反母趾になる人は、増加してきています。そのため、治療を受ける人や、予防や改善に有効なオーダーメイド靴を利用する人もまた、増えていくことが予想されています。特に昨今の外反母趾用のオーダーメイド靴は、ファッション性も重視されていますし、健康保険も適用されるようになっています。そのため一層需要が高まっていくと考えられています。